ディーゼル時計の並行輸入について

ディーゼル時計の並行輸入の概要

ディーゼル時計は並行輸入で購入することがオススメです。ディーゼル時計を購入しようとすると、国内正規品か並行輸入品かどちらかになります。国内正規品は、いわゆるディーゼルのセレクトショップや提携している正規品販売店での購入となります。ロフトや東急ハンズなどの腕時計コーナーなどは国内正規品となります。

並行輸入品はいわゆる安売り店です。ドンキホーテやビレッジバンガードといったお店では、定価より安く購入することができます。これらは正規品とは別ルートで輸入した商品であり、為替の違いを利用して仕入れているので、安く販売することが可能となっています。

管理などの面で並行輸入品は、箱に小さな傷があったりなどの不具合があることもあるようですが、原則的に商品は同じもの。となれば、安心して定価で買うのか、とにかく安く買うのか、という選択で、国内正規品か並行輸入品かを選んでみるのがいいと思います。

ディーゼル(ファッションブランド)の歴史

ディーゼルの歴史は、1978年に始まります。イタリアでレンツォ・ロッソ氏により立ち上げられました。 ディーゼルは、1978年、レンツォ・ロッソとAGジーンズ社のアドリアーノ・ゴールドシュミットによって設立されました。 複数のブランドが集まるグループ中の一つとしてディーゼルは作られました。 1979年から、メンズコレクションを発表していて、その後、1984年にはキッズラインをスタートさせています。

ブランド名をディーゼルにした理由は、覚えやすい名前であるからです。当時注目されていたのがディーゼル燃料であったということもあり、 世の中に力を与えたいという願いがその名に込められています。

1985年に入ると、レンツォが会社の裁量権を獲得することになり、完全に独立する形になります。 そして1989年にはレディースラインを発表し、1994年には、フィフティファイブDSLをスタートさせます。 このセカンドラインは、ディーゼルよりも少し価格が安めでカジュアル感が強くなっています。 日本にも2008年、東京銀座に、ディーゼル・ギンザがオープンすることになり、デパートを中心に各地で店舗を展開しています。